水素水 むくみ

水素水むくみへの効果

 

 

 

 

一日の終わりに足がパンパンにむくんでしまった、なんてことはありませんか。

 

むくみが起こる原因は、血液やリンパの流れと関係があります。
必要な栄養分や水分は、動脈を通して体内を循環しています。同時に、不要になった水分は静脈やリンパ管を通して戻り、再び体内を巡ります。
静脈やリンパ管がうまく流れないと余分な水分が溜まり、むくみが起きてしまうのです。

 

むくみの原因としては、まず長時間立っている状態であることがあげられます。重力によって足元に血液が溜まると、圧のかかった静脈が戻ってくる水分を受け入れられなくなってしまうからです。

 

また、足の筋肉は収縮することでポンプのような働きをして血液を循環させます。運動不足で筋肉が衰えると、ポンプ機能が働かなくなって水分が溜まります。
血行不良や冷え症の人も、血液が十分に廻らないせいでむくみが起こります。

 

水分の摂りすぎ、塩分の摂りすぎによってもむくみは起こります。
下肢静脈瘤、肝臓や腎臓の病気が原因の場合もあります。

 

水素水には体にたまった余分な水分や老廃物を排出する、デトックス効果があります。
むくみの解消になるばかりでなく、活性酸素を除去してアンチエイジング効果を得たり、成人病予防にも役立てることができます。

 

デトックス目的で水素水を飲むときは、1日1.5?以上を飲むようにします。ただし、一度に飲んでしまうのではなく、少しづつ飲むようにしましょう。

 

水素水を飲むタイミングはいつでもOKですが、朝の起床後に飲むと胃腸の活性化につながってデトックス効果も高まります。
スポーツ後や入浴後の水分補給に飲むのもいいですね。

 

むくみ解消にはリンパマッサージの効果があります。
カリウムの多い食品(アボカド、ホウレンソウ、セロリ、トマト、レーズンなど)を摂るのも余分な水分を排出するのに役立ちます。

 

顔がむくむ人はアルコールの飲みすぎに注意が必要です。良く噛んで食べることもいいようです。
合わせて実行してみてください。

 

 

 





水素水人気ランキングはここから