水素水は体にいいのか

水素水は体にいいのか?本当に効くのか?

 

ちまたで水素水のことを耳にすることが多いですね。
水素水は体にいいというけれど、本当に効くのかどうか、不安に思う人もいることでしょう。
水素水とはどんなものなのかを見ていきましょう。

 

水素水の働きは活性酸素を除去することです。
活性酸素とは、人が酸素を吸い、体内でエネルギーを作り出すときに発生するものです。ほかにも紫外線やストレス、喫煙、大気汚染などによっても発生します。

 

この活性酸素が増えすぎると体内で悪玉化し、細胞や器官を錆びつかせ老化させてしまいます。
体内にはこの活性酸素を無毒化する消去酵素があるのですが、これも加齢に伴い40歳ころから減少していくのです。

 

となると、活性酸素をなんとかとり除かないと、体は老化する一方ということになりますね。
水素水は活性酸素を除去してくれる働きがあります。

 

水素は宇宙一と言われるほどに非常に小さい分子ですので、体の隅々に行きわたることができます。そして悪玉活性酸素だけに働きかけるのです。

 

脳と血液の間には脳関門というものがあります。脳関門とは血液から脳へ流れ込む物質を制限・選択するバリア機能です。
水素はこの脳関門を通り抜けることのできる数少ない抗酸化力が高い物質なので、認知症にも効果があるとされています。

 

肌荒れが治ったり、シミしわの軽減などアンチエイジング効果があることも知られています。
便秘解消にもよく、新陳代謝が高くなることからダイエットにも効果的とされています。

 

冷え症が治ったり、白髪が減った人もいます。むくみがなくなった人、シミが消えたり、体が疲れにくくなった、アトピー症状や花粉症が軽くなった、血糖値が下がったなどの評判があります。

 

いかがでしょうか。水素水は体にいいのか、という疑問の答えになったでしょうか。
本当に効くのか、という疑問にはご自分の体で実感していただきたいと思います。

 

薬ではありませんので、効果が出始める期間は個人差があります。3ヶ月は続ける気持ちで始めてみればいいのではないでしょうか。

 

 

 



 


水素水人気ランキングはここから