水素水 便秘

水素水の便秘効果

 

 

 

毎日スッキリしない、ぽっこりお腹が気になる、便秘薬に頼ってしまう、こんな悩みがありませんか。便秘はニキビ、肌荒れ、疲れなどさまざまな不調の原因になります。

 

便秘になる原因は主に4つです。

 

1つめは食物繊維の不足です。食物繊維には便の量を増やす、腸の働きを活発にする、腸内細菌のエサになる働きがあります。食物繊維不足になると腸の働きが鈍り便秘になってしまいます。

 

2つめは水分不足です。水分摂取量が減ると、体からこれ以上水分が減らないように、便から水分が吸収されます。便の水分が減ることで固くなり、排便しにくくなります。水分を摂っていてもコーヒーや紅茶などはカフェインを含み利尿作用があるので、水やハーブティーなどカフェインを含まないものから水分を摂るとよいです。

 

3つめはストレスです。腸は自律神経の働きを受けていて、副交感神経が活発に働くと腸の働きが活発になります。ストレスは交感神経を活発にし、交感神経が腸の働きを鈍らせてしまいます。

 

4つめは便意の我慢です。忙しさやトイレに行く恥ずかしさで便意を我慢していませんか。便意を我慢し続けると、直腸に便がたまっても便意を感じにくくなってしまいます。

 

便秘を解消するためには、これらの問題を解決することが大切です。

 

便秘解消効果があるといわれているのが水素水です。なぜ便秘を解消するのかはわかっていませんが、水素水を飲むようになって便秘が解消したという報告があります。

 

水素水には活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素が除去されることで細胞がストレスフリーになり、副交感神経の働きが活発になって、便秘が解消されると考えられます。

 

活性酸素は血液ドロドロにして流れを悪くします。血流が悪くなると腸に十分な酸素や栄養が行き届かず、腸の働きが低下します。活性酸素を除去することで血流がよくなり、腸に酸素や栄養が行き届くことで働きが活発になるとも考えられます。

 

水素水を飲むことで水分補給にもなります。水分を摂ることで便が柔らかくなり、排便しやすくなります。

 

 

 

 



 


水素水人気ランキングはここから